養育費について

養育費について


離婚をして父母が他人の関係になり、子供を引き取り育てない離婚した親の他方も、その子供との親子関係が切れたわけではありません。法律上の親子関係のままです。ということは、子を引き取り育てない他方の親にも、子を扶養する義務があるということになります。原則的には、子が20歳になるまでということになります。子から見れば、別れた親の他方に扶養を請求することができるということになります。
離婚の理由や責任にかかわらず、養育費は子が原則として子が成年に達するまでは支払わなければならないわけです。

養育費は、別れた子を引き取り育てる親に支払うというのではありません。別れた未成年の子に支払うわけです。昨今では、実際に金融機関の口座に支払うことが多いわけですが、その場合名義は子の名義になっている例が多くなっているそうです。


(1)養育費負担義務とは
多くの例では、妻が子を引き取り育てることが多いわけですから、別れた夫が養育費を妻に支払うということが一般的です。
しかし、夫が子を引き取り育てる場合もありますので、その場合でも原則としては、子を引き取り育てない妻が夫に養育費を支払わなければならないわけですが、女性が社会に出て働くことが多くなってきているとはいえ、結婚後も引き続き仕事をしていたという場合を除けば、離婚してから新しい仕事を見つけるということは不可能とは言わないまでも、収入があまり望めないことも多いようですので、別れた妻に養育費を請求しない場合も多いようです。

原則としては、会社の事業不振とか、失業とか、家のローン等とかいう借金や負債があり養育費を支払えないということはいえません。このような場合でも、自分と同じ程度の生活ができる金額の養育費を支払わなければならないとされています。

家裁の調停や審判等で、養育費を支払わなくてもよいということが出てくる場合は、非常に限られています。例えば、病気や事故にあい長期の療養が必要だとか、生活保護を受けているということが必要になってきます。


(2)養育費を請求できる根拠はなに?

(a)監護に関する処分として監護費用を請求すること
(b)扶養の問題として未青年の子の法定代理人の立場で扶養料を請求すること

どちらも、民法や家事審判法に規定されています。
通常は、(a),(b)の区別なく養育費を請求することになります。但し、離婚そのものが裁判で争われるような場合には、(a)によることが多いようです。


(3)養育費の話し合いがまとまらないときは?

お互いの話し合いで養育費に関する取り決めをすることができないときは、家庭裁判所に調停の申し立てをすることになります。

養育費を請求する調停の場合には、お互いに調停の成立に至らない、つまりお互いに合意することができない場合には、養育費の請求の調停の申し立てがあったときに審判の申し立てがあったものとみなされ、審理をした上で審判が下されることになります。養育費の請求の場合には、必ず結論が出されるということになります。


(4)養育費の額

これは養育費を支払う者の収入に大きく左右されますが、子供一人で2~4万円、子供2人で4~6万円、子供3人で5~7万円が一番多いようです。

(5)養育費はいつまでの期間支払いつづけるのか

一般的には、子が成人する(20歳になる)までですが、高校を卒業するまでとか、または4年生の大学へ行くことを前提として22歳までということもあります。

(6)養育費の支払い方法・期日

通常は、養育費は、毎月定めた期日に、定めた支払い方法(金融機関の子名義の口座)で支払うことが多いようです。
例は少ないですが、一括して養育費を支払ってしまう場合もあるようです。


養育費について 関連ページ

夫婦の別居について
●この、場合の別居とは、夫婦の他方が仕事のために単身赴任するというような別居ではなく、結婚生活をする上で、夫婦の有り方を考えてみたい、冷静に考えてみたいとか、夫婦の他方が暴力を振るったり、不貞や結婚生活のための必要のない […]Continue reading «夫婦の別居について»
親権・親権者・監護者(監護権)について
  (1)親権とは 親権は、「身上監護権」と「財産管理権」に分けることができます。 「身上監護権」は、未成年の子の身の回りの世話をしたり、しつけや教育をしたりすることです。 「財産管理権」は、未成年の子が自分の […]Continue reading «親権・親権者・監護者(監護権)について»
財産分与って何?
まず、相手が不貞をした、相手が勝手に出ていったというような場合に、離婚の責任が相手にあるからと財産分与はやらないと言う方もおられます。しかし、本来、離婚の責任が相手に有る場合、その責任は慰謝料を請求して償ってもらうべきも […]Continue reading «財産分与って何?»
離婚後の生活が不安で離婚の決心がつかない。何か方法は?
離婚をすれば、特に家庭に入っていた女性が一番先に突き当たるのが、収入をどのようにして得るかということです。女性が社会に進出するようになったといいましても、継続して勤務していないと、再就職は不況のせいもあり、かなり厳しいよ […]Continue reading «離婚後の生活が不安で離婚の決心がつかない。何か方法は?»
離婚の慰謝料について
離婚といいますと、すぐに慰謝料はと尋ねられる方が多いのが現実です。 (1)離婚の慰謝料は、必ずしも支払わなければならないものではなく、また必ずしももらえるものではありません。 (2)離婚の慰謝料は、離婚するについてどちら […]Continue reading «離婚の慰謝料について»
離婚したいという気持が出てきたら
「もう耐えられない、離婚をしたい」という気持が出てきたら、その気持が出てきた原因を考えられて下さい。 例えば、ご主人または奥様が浮気や不貞(肉体関係があること)をした場合、本当に離婚をしたいのか、本気でなければ許すのか、 […]Continue reading «離婚したいという気持が出てきたら»
離婚の動機・原因のベスト5
離婚の動機・原因のベスト5   離婚を決心をするからには、それに至る動機、原因があります。その動機・原因の多いものから5つ、夫側からのものと、妻側からのもとのとをあげてみます。当相談室(行政書士深澤事務所)にお […]Continue reading «離婚の動機・原因のベスト5»
離婚が決まったら何を決めればよいのか。
離婚が決まったら何を決めればよいのか。   離婚することが決定をした場合、どのようなことを決めればよいか、主なものを上げてみます。 (1)慰謝料はどうするのか。慰謝料はお互いにこれといって離婚責任がないようであ […]Continue reading «離婚が決まったら何を決めればよいのか。»
離婚にはどのような種類があるのか
離婚にはどのような種類があるのか   (1)協議離婚 お互いの話し合いで決めるものです。この場合、必要があれば慰謝料、財産分与、親権、養育費等も原則としてお互いの話し合いで決めることになります。日本の離婚の90 […]Continue reading «離婚にはどのような種類があるのか»

トラックバックURL

http://www.fukazawa-office.com/archives/88/trackback/

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA