慰謝料・財産分与

慰謝料・財産分与



Q:<A子さん>慰謝料・財産分与
共働き
夫の浮気が発覚。
・会社の女性で、5年~10年の関係と思われる。
・発見のきっかけは携帯メール。
・携帯メールはほぼ毎日のやりとり。
・夫のパソコンをあけたら、彼女の裸体写真が2年ぶん。(デジカメで撮影)SMプレイ的ものも。
・その写真をプリントアウトしたハガキ大のアルバムが4冊。
・写真のMOに御丁寧に日付けが書いてありほぼ月に一度か二度のセックスをしていた。
・私にばれて、すべて削除。写真はきりきざむ。

浮気は認めた。
私がとにかく一緒にいたくないということで先週からウィークリーマンションへ。
不倫相手とはまだ別れておらず、そちらもモメている様子。
彼女は、一生愛人でいいということで、マンションを購入したばかり。
ご相談したいこと。財産分与と慰謝料問題
共有名義のマンションを所有
ローンの返済はあと7年ぐらい。頭金は私(妻)が多くだした。
(4000万で購入.今は1750万ぐらいの評価)
現在のローン返済は夫側がやっているが生活費の全般は妻が払っている。
私はとにかく5年以上もしかしたら10年以上浮気されさらに、現場写真のような彼女の裸体写真とふたりの裸のツーショットまで見てしまい胃痛の毎日。
このようなケースでの慰謝料というのはどのぐらいでしょうか。
夫の収入は、700~800万円ぐらい。
月々のローンは9万円で、ボーナス時35万円。
しかし、3年前ぐらいまでは、月に5万ぐらいしか返していなく
私がその事実を知って、ローンの返済を変更。
***********************************************
A:
◆このようなケースでの慰謝料というのはどのぐらいでしょうか。
ご主人の不貞は確実のようですので、婚姻期間、不貞の事実、A子さんさんの精神的損害、ご主人の年収、から考えますと、200万円~300万円程度ではないかと考えられます。

慰謝料はできる限り一括で支払ってもらったほうがよいわけですが、分割(できる限り2~3回)でもよい場合には、慰謝料を400万円まで請求されてもよいと思います。
しかし、一括で支払ってもらったほうが確実だと思います。
また、念ために、その証拠となるものを持っておいたほうがよいのですが、そのような写真がどのようなものであったかを、ノートに書きとめておくことをお勧めいたします。

財産分与のほうは、ローンがある場合、今までに返済した元金部分(利子を除く)の合計金額をを財産分与の対象となる財産として考え、それを分けるというようにする場合が多いようです。
しかし、現金化した金額が支払えないようであれば、話し合いで調整をすることになります。
また、購入当初とは異なり、マンションの価格が下落していることも考慮しなければならないかもしれません。

また、A子さんがそのマンションに住む予定であれば、ローンの返済の全部
または一部を負担するという取り決めをされてもよいと思います。
財産分与の対象となるものは、結婚をされてから夫婦が協力をしてなした財産です。ですから嫁入り道具は財産分与の対象にはなりません。
結婚をしてからのものであれば(相続をした分は、原則として除きます)、名
義がどちらのものであっても、財産分与として清算をするのが法律的な考え方です。(預金・貯金、保険、家財道具・家電等の動産、車、家やマンションなどの不動産)

現在では、財産分与は夫と妻が半々に分けると考えることが多くなっています。
金銭の取り決めは、成立しましたら必ず文書にしておかれたほうがよいと思います。
お互いに同意されれば、公正証書にしておくこともよいと思います。


慰謝料・財産分与 関連ページ

妻の暴力
Q:<うきょ>妻の暴力で離婚したいのですが 結婚して1年半。子供無し。 妻の暴力(分厚い本等を投げる)、妻の真夜中の自殺未遂行為(ナイフをもって暴れる)、うちの両親への文句(何も言っていないし、話したことも数回しかないの […]Continue reading «妻の暴力»
離婚したい
Q:<サンタさん>離婚したいのですが・・・ 結婚して8年、6歳と3歳の 子供がいます。 主人が勝手に クレジットカードでキャシングしたのがきっかけで、気持ちが冷めてしまいました。(金額はトータルで25万。半分ほどは 仕事 […]Continue reading «離婚したい»
妻の不貞行為
Q:I男<妻の不貞行為について> 結婚して、8年が経ち、子供が7歳と2歳の二人います。あるきっかけで、妻が子供を下ろしていたことがわかりました。私には、一言もなしにでした。妻は、私の子供だと、言ってはいます。どうしても許 […]Continue reading «妻の不貞行為»

トラックバックURL

http://www.fukazawa-office.com/archives/182/trackback/

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA