子の親権者・養育費

子の親権者・養育費


未成年の子がいる場合には、離婚するには、親権者を決めなければなりません。親権者を決めなければ離婚はできないことになります。

親権者が必ずしも子を引き取り育てなければならないわけではありません。
例えば、父が親権者でこを引き取らず、母が監護者になり子を引き取り育てるということでもよいわけです。
ただし、できるだけ可能であれば、親権者になった方が子を引き取り育てた方が、様々な意味でよいであろうと思われます。

親権といいますのは、未成年の子を養育したり、未成年の子の財産を管理したりする親の義務、責任であります。
通常、親は意識しようがしまいが、親権を行使しているわけです。
離婚といいますのは、子から見て父と母が別れてしまうことですから、父と母のどちらかが離婚の際、未成年の子の親権者になりなさいと言っているわけです。

養育費ですが、養育費は子が成年に達するまであるいは社会に出て働いて自立するまで、子にかかる費用のことです。
養育費には、衣食住の単に生活に必要なものだけではなく、教育の費用、医療機関にかかる費用、常識の範囲内の娯楽の費用などが含まれます。

原則として、親権者になったならない、子を引き取った引き取らないにかかわらず、子の対する養育の義務は、同様にあるといわれています。

仲の悪い夫婦の間で育つ子ほど不幸な存在はないでしょう。

しかし、どんな理由の離婚でも、経済的にも精神的にも子に影響を与えますので、ある意味で慎重に離婚の条件を取り決めたいものです。


子の親権者・養育費 関連ページ

離婚後の住居と子供の世話等
離婚後の生活費の確保も大切ですが、やはり住むところ、住居も大切だと考えられます。 離婚後、新たにマンションやアパートなどの住居を借りたりする場合には、支払い可能な範囲での適正なところを見つけることでしょう。 もっとも、た […]Continue reading «離婚後の住居と子供の世話等»
離婚後の生活費
専業主婦や正社員や正職員として働いていなかった配偶者の場合、離婚後の生活費の確保を考えておく必要がありましょう。 たとえ、財産分与がある程度あったり、慰謝料が多少あったとしても、それらを頼りに離婚後の生活を維持していくこ […]Continue reading «離婚後の生活費»
離婚後の戸籍と姓
結婚によって姓を変えた方の配偶者は、離婚の際、結婚前の戸籍に戻るか、その配偶者自身を筆頭者とした新戸籍を作ることになります。 離婚届の用紙には、結婚前の戸籍に戻るのか、新戸籍を作るのかの記入欄がありますので、離婚届を書く […]Continue reading «離婚後の戸籍と姓»
金銭的なこと(財産分与、慰謝料)
離婚に際し考えておく金銭には、財産分与、慰謝料、そして子の養育費です。但し、未成年の子の養育費は子の問題ですので、このところで取り扱います。 結婚をしてから夫婦が協力をして形成してきた財産は、その名義にかかわらず夫婦の共 […]Continue reading «金銭的なこと(財産分与、慰謝料)»
離婚前に考えるべきことの概要
離婚を考え、離婚を決心する前後の時期に、少しでも考えておいていたほうがよいことには、”金銭的なこと”、”主に未成年の子がいる場合の親権のこと”、”結婚によって姓を変えたほうの配偶者(日本では妻の方が多い)の戸籍と姓のこと […]Continue reading «離婚前に考えるべきことの概要»

トラックバックURL

http://www.fukazawa-office.com/archives/171/trackback/

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA