金銭的なこと(財産分与、慰謝料)

こんなときどうする離婚SOS相談室 > 離婚の前に考えるべきこと > 金銭的なこと(財産分与、慰謝料)

金銭的なこと(財産分与、慰謝料)


離婚に際し考えておく金銭には、財産分与、慰謝料、そして子の養育費です。但し、未成年の子の養育費は子の問題ですので、このところで取り扱います。

結婚をしてから夫婦が協力をして形成してきた財産は、その名義にかかわらず夫婦の共有財産となり、離婚をするときには、それらの財産をお互いが同意できるよう、分けることが必要になります。
財産分与は一銭も配偶者に上げないという方もお;られますが、財産分与の関しましては、あげるあげないではなく、夫婦の共有財産を清算するという考え方をとります。
ですから、プラスの財産があるのであれば、それらを夫と妻で半々に分けるということになりましょう。

最近では、一般的な勤め人の場合には、財産分与は半々に分けることが多くなってきっているようです。
結婚をしてから夫婦が協力をしてなしてきた不動産(土地。建物、マンション)、車、預貯金、家具や家電などの家財道具などが財産分与の対象になります。結婚をしてから夫婦が協力をしてなしてきたものであれば、その名義にかかわらず財産分与の対象になります。

もっとも、財産がないのであれば、財産分与はないことになります。

それに対して慰謝料は、必ずしも必要なものではありません。
不貞などの重い離婚責任がある方へ、その精神的な損害を賠償してもらうための損害賠償として、慰謝料を請求するということになります。

例えば、性格の不一致で離婚するような場合、夫にも妻にも決定的な離婚責任があるとは考えられませんので、お互いが慰謝料を支払う必要がないと考えるのが原則のようです。

配偶者が暴力を振るうとか借金癖があるというような場合を除き、財産分与や慰謝料は離婚が成立する前に取り決めておかれることが望ましいでしょう。


金銭的なこと(財産分与、慰謝料) 関連ページ

離婚後の住居と子供の世話等
離婚後の生活費の確保も大切ですが、やはり住むところ、住居も大切だと考えられます。 離婚後、新たにマンションやアパートなどの住居を借りたりする場合には、支払い可能な範囲での適正なところを見つけることでしょう。 もっとも、た […]Continue reading «離婚後の住居と子供の世話等»
離婚後の生活費
専業主婦や正社員や正職員として働いていなかった配偶者の場合、離婚後の生活費の確保を考えておく必要がありましょう。 たとえ、財産分与がある程度あったり、慰謝料が多少あったとしても、それらを頼りに離婚後の生活を維持していくこ […]Continue reading «離婚後の生活費»
離婚後の戸籍と姓
結婚によって姓を変えた方の配偶者は、離婚の際、結婚前の戸籍に戻るか、その配偶者自身を筆頭者とした新戸籍を作ることになります。 離婚届の用紙には、結婚前の戸籍に戻るのか、新戸籍を作るのかの記入欄がありますので、離婚届を書く […]Continue reading «離婚後の戸籍と姓»
子の親権者・養育費
未成年の子がいる場合には、離婚するには、親権者を決めなければなりません。親権者を決めなければ離婚はできないことになります。 親権者が必ずしも子を引き取り育てなければならないわけではありません。 例えば、父が親権者でこを引 […]Continue reading «子の親権者・養育費»
離婚前に考えるべきことの概要
離婚を考え、離婚を決心する前後の時期に、少しでも考えておいていたほうがよいことには、”金銭的なこと”、”主に未成年の子がいる場合の親権のこと”、”結婚によって姓を変えたほうの配偶者(日本では妻の方が多い)の戸籍と姓のこと […]Continue reading «離婚前に考えるべきことの概要»

トラックバックURL

http://www.fukazawa-office.com/archives/169/trackback/

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA