離婚の種類ってあるの?

離婚の種類ってあるの?


日本における離婚の種類、離婚の方法というのは、4種類あります。それは、協議離婚、調停離婚。審判離婚、裁判離婚(判決離婚)です。それぞれについて分かりやすく説明をしてみましょう。

(1)協議離婚
協議離婚は、夫婦のお互いの話し合い(協議)で離婚することについて同意して、離婚届にお互いに署名押印をし、証人2人にも署名押印してもらい、その離婚届を市区町村の窓口に提出し、受理されれば、離婚が成立するものです。
未成年の子がいる場合には、離婚届に必ず親権者の氏名を書き入れなければなりません。ですから、協議離婚の場合で未成年の子がいる場合には、親権者が決まっていないと離婚できないという事態になります。
財産分与や、養育費、必要な場合には慰謝料の金額、支払い方法等も夫婦2人の話し合いで決めることになります。
日本の離婚の90%は、この協議離婚の方法がとられています。

(2)調停離婚
お互いに話し合いでは離婚ができないというような場合、家庭裁判所に離婚の調停を申し立てることができます。
家裁の調停では、離婚そのもの、及び財産分与、養育費、慰謝料等も含め話し合うことができます。
調停委員が夫婦の間に入って調停が行われるわけですが、裁判ではありませんので、夫婦がお互いに離婚やその他の条件等に同意した場合、調停離婚が成立します。(離婚、その他財産分与、養育費等含め、調停調書に書かれれば離婚は成立します)
家庭裁判所の調停は2000円程度でできますので、協議で離婚できない場合には、利用されたほうがよいでしょう。
調停離婚は、日本の離婚の約9%を占めています。

(3)審判離婚
これは、調停をしている夫婦が、さまざまな考え方の相違から調停が成立する可能性が低く、かつ家庭裁判所が家裁自らの判断で、調停にかわる審判により、りこんを成立させることもあるというものです。
但し、この審判は、その当事者が審判をの告知を受けた日から2週間以内に異議申し立てをしますと審判の効力が失われてしまうため、あまり利用されていない制度です。

(4)裁判離婚
お互いの話し合い(協議)でも、家裁の調停でも離婚が成立しない場合、夫婦の一方から地方裁判所に離婚の訴えを提起することができます。
原則として、離婚の訴訟を起こすには、家庭裁判所の離婚の調停が不成立になっていることが必要となります。家裁の調停をせずにいきなり裁判を起こすことはできないのが原則です。
裁判では、判決が出ます。これは、強制です。離婚の判決が出れば、離婚となります。
但し、家庭裁判所→高等裁判所→最高裁判所まで争うことができます。
裁判離婚で離婚する人は、日本では約1%です。


離婚の種類ってあるの? 関連ページ

再婚した場合の養育費は?
例えば、離婚で、妻が親権者で1人の子を引き取っり、夫が子1人分の養育費4万円を別れた妻に支払っていると場合を考えてみましょう。 離婚後数年して、別れた妻がある男性と再婚をし、子はその男性と養子縁組をしたとしましょう。 こ […]Continue reading «再婚した場合の養育費は?»
別れた子と相続の関係は?
夫婦が離婚をして、子が父親や母親の戸籍に入ったとしても、親子の関係(正確には、親子の血縁関係)はそのままです。親子の関係が切れることはありません。 例えば、子は母が親権者で子を引き取り育てた場合でも、子と別れた父は親子の […]Continue reading «別れた子と相続の関係は?»
離婚届の提出は阻止できるの?
離婚届を受け取り、受理する市区町村の戸籍係の窓口では、離婚届に書かれた夫婦の署名が、夫と妻が本当に署名したのかや、夫婦がお互いに本当に離婚の意志があるのかどうかを調べるわけではありません。 原則として、離婚届に必要な事項 […]Continue reading «離婚届の提出は阻止できるの?»
公正証書とは?
公正証書は、公証役場にいる公証人が作成するものです。 協議離婚の場合、協議離婚書等の文書を作成しても、養育費等の金銭的な支払いの約束をした場合、相手が支払わなく何度も督促をしたが支払わないとき、その協議離婚書を証拠として […]Continue reading «公正証書とは?»
約束は文書にした方がいいの?
財産分与や養育費、慰謝料等の金銭の支払い、親権者につきましては、お互いの話し合い(協議離婚)の場合には、離婚協議書というような題名の文書を作成しておいた方がよいでしょう。 財産分与はできるだけ具体的に書き、対象が金銭のも […]Continue reading «約束は文書にした方がいいの?»
性の不一致は離婚理由になるの?
ここでは、夫婦の一方が正当な理由もなく、性関係を拒むということではなく、性の求め方が夫と妻の間で異なる場合について考えてみたいと思います。 性関係は、結婚生活においてその基盤の一つをなすことは間違いがありません。法律的に […]Continue reading «性の不一致は離婚理由になるの?»
離婚前の別居って不利?
配偶者の不貞、暴力、生活費を入れない、無駄な借金をしてその返済に困り家庭の経済が苦しくなる、夫またはや妻が性生活に応じない、また特に大きな原因は無いが性格が合わなく相手を配偶者としてみることができなくなったとか、価値観が […]Continue reading «離婚前の別居って不利?»
離婚成立後の戸籍と姓は?
結婚をしたときは夫婦がひとつの戸籍を形成することになりますが、子ができた場合、子を含めた一つの戸籍を形成することになります。 ところが、離婚により夫婦関係が解消という事態になりますと、結婚時に姓を改めた方の配偶者がその戸 […]Continue reading «離婚成立後の戸籍と姓は?»
子との面接交渉権とは何?
これまで夫婦であったものが、離婚により夫婦関係が解消し、夫と妻は離婚成立後は他人に戻るわけですが、子はどちらに引き取り育てられても、別れた親と他人になるわけではありません。法律上は、親子のままです。一生、親子関係が続くわ […]Continue reading «子との面接交渉権とは何?»
親権の意味は?
親権には、”身上監護権”と”財産管理権”の2つの内容が含まれています。 身上監護権は、子供の日常の生活の世話をし、躾や教育責任を持って行い、子が一人前になるまで子の成長に責任を負うことです。 財産管理権は、子の財産を管理 […]Continue reading «親権の意味は?»

トラックバックURL

http://www.fukazawa-office.com/archives/126/trackback/

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA